忍者ブログ
釣りをメインに自然や日常の事を更新していきます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月3日

この日、カンダイな人さん事池永名人のカンダイ釣りの取材見学させていただきました。
池永名人、豊田さん、スタッフのみなさん、砂ぼうずさん大変お世話になりました。

釣れない私のためにカンダイな人さんが最高のプレゼントをくださいました。
「百聞は一見にしかず」まさにこの言葉の通りでした。
レクチャー通りにしたつもりでしたがまったく自分の理解不足でした。

朝7時の大勝丸に乗り込み目指した場所は沖一文字の赤灯台側で
した。
邪魔にならないように遠くからカンダイな人さんの釣りを見ていると
大きく違っていたところは
マキエの打ち方
仕掛けの送り方
この二つが大きく間違っていたのだと思います。
他にもやり取りとかタモ入れとか色々あったのだと思うのですが
これに関しては・・・
「実際に釣ってないからわからない」でした^^

最初の魚を寄せるためのマキエ、集まっているカンダイを足止めさせるマキエ
カンダイに食わせるためのマキエ、食いが悪い時に場所を休ませながら撒くマキエ
などなどかなり違っていました。
他にも間違いがあるのかもしれませんが凡人の私にはこれくらいしか理解できませんでした。

仕掛けの送り方は水面に乗せる糸の量や食わせるタナ、マキエと長く同調させるために
色々と工夫しているみたいでした。(何をどうしているかは実際はよくわかってないです^^;)

とにかくポイント作りは入念にやっているようでした。
それが釣果に結びつく第一歩なんだなとおもいました。^^
カンダイな人さんは約1時間ほどかけてポイントを作っておりました。

11時頃まで釣りを見学しましたが、最初の一匹を釣るまで割りと時間がかかったのでちょっと
心配にもなったのですが・・・いらん心配でした^^
最初に上がってきたのは5キロくらい?の中学生クラス^^
はっきり言ってカンダイな人さんの敵ではなくものの数秒で終わりました^^;

kandai001.jpg

それから30分ほど釣り場を休ませて何投かしたのちに
「よーしきたぞ」の声に緊張しながら見ているとアワセ!!
水面に竿先が突き刺さるほどの締め込みに耐えながら上がってきたのは
9キロを超えたカンダイすげ~@@
kandai002.jpg

取材という緊張感の中できっちりと結果を残すカンダイな人さんはすごいです。^^

これを目に焼き付けて5~60mほど離れたところから実釣開始、

40mほど離れると違うカンダイになるらしいです。

釣開始から1時間アラカブ2匹・・・
やっぱり今日も・・・・かな?と思いつつもう一度タナ取りをして
きっちりとタナを測ってマキエをカンダイな人さんの真似をしながら打って
1回目、2回目のマキエ、3回目のマキエ餌を付けて仕掛け投入
4回目のマキエ、潮はほとんど動いてないような感じでするするとほぼ真下に落ちていきます。
仕掛けがなじんでしばらくするとウキが少し「ポコン」となりその後ゆっくりと海中に沈んでいきました。
竿をしっかり持ち足の付け根に竿尻を当てリールのハンドルを持ち
「アワセ!!」いきなり海中に引きずり込まれるような強烈なアタリ!
とにかく伸されないように腰を落とし竿を立てました。
リールを巻く???スプールから出まくりの道糸を左手で押さえるのが精一杯
これ以上の事を求められても自分のスキルを超えているような@@
とにかく無我夢中でやり取りしました。上がってきたのはなんと
85cm 9.5kg でした^^
kandai003.jpg
ウキが沈み始めた瞬間から取り込むまで心臓バクバクで取り込んだときには
ハアハア、ゼエゼエで天気も良かったせいで汗だくでした^^;
あの引きと爽快感は忘れられません^^
それとたも枠はアルミのやつを使ったのですが一発で折れちゃいました^^;
次はワンピースで強いやつに変えます^^;

次の日はそのまま渓流にいきました^^
その模様は又後日に^^

池永名人、豊田さん、スタッフの皆さん、砂ぼうずさん、お世話になりました。
どうもありがとうございました^^

カンダイ動画 アップしました。
左のリンクからどうぞ^^


PR
無題
くろ@北九州さん、初カンダイGETおめでとうございます。
次こそは私にもアタリが出るようご指導お願いします。
動画も拝見しましたが、やはりカンダイは迫力ありますね!!
けん@北九州 2007/03/05(Mon)18:29:40 編集
けんちゃん^^
けんちゃん初めてネットに現れたねぇ^^
ご指導??正直まだ無理です^^;
自分も何もわかっちゃおらんです。^^;
くろ@北九州URL 2007/03/05(Mon)19:36:40 編集
おめだとう(^^♪
先日は良かったですね。記録もののカンダイゲット、おめでとう(^^♪
カンダイ釣りが少しは解ったと思います。実践で知識を知恵に変えてくださいね。
ヤマメ釣りもご苦労様。時間に負われてしまったのが残念です。

動画、最初の突っ込みの絵が欲しかったなぁ(^^♪
でも、初めて目にするとヤバいでしょ\(◎o◎)/!

カンダイな人URL 2007/03/05(Mon)21:19:27 編集
カンダイな人さん^^
こんばんは^^
ありがとうございます。
一つ失敗した事があります^^;
せっかくはじめてなのでやっぱりカンダイの魚拓を録ればよかったです><
で、現認者にカンダイな人さんになってもらえれば最高だったのに><b
それだけが悔やまれます・・・・
動画ですがさすがに二時間以上スタンバイしておく
根性がありませんでした・・・すみません・・(TT
しかしあの瞬間を始めて見たときは少々びっくりしました。
あれが自分で釣れるとは思いもよりませんでした^^;
今週末もう一回挑戦しに行こうかと思っています。^^b
くろ@北九州URL 2007/03/05(Mon)22:15:02 編集
おめでと~!!
やったね!(^_-)
初カンダイ、おめでとう!
ナイスサイズじゃないですか~!

お互い、10kgオーバー目指して頑張ろうね!
トシURL 2007/03/06(Tue)00:44:07 編集
トシさん^^
ありがとうございます^^
初カンダイでこのサイズは出来すぎです><;
次は10kgオーバー目指します。
お互いがんばりましょうね^^
くろ@北九州URL 2007/03/06(Tue)01:11:18 編集
お早う御座います
クロ@北九州さん動画拝見しました。
あの時の迫力が伝わりましたよ~(笑)
トラックバックしちゃいました
これからも宜しくです(^^♪
砂ぼうずURL 2007/03/06(Tue)08:40:49 編集
砂ぼうずさん^^
いやぁ~土曜日は楽しかったですね^^
すごく勉強になりましたね^^
トラックバックOKです。ありがとうございます^^
またご一緒しましょう。^^b
くろ@北九州URL 2007/03/06(Tue)09:43:15 編集
無題
やりましたね!
俺も今週末チャレンジの予定です。
竿は、昨年の経験を生かし「Tosiチューン5号」があるので、食ってくれればなんとかなりそうです。
後は、俺のウデの問題かと・・・・・
広島から何キロあるかわかりませんが、
一路大分へ!!!!!!!!!!
少佐 2007/03/06(Tue)10:35:21 編集
少佐さん^^
今週末広島から大分まで来るんですね@@
自分も今週土曜日にもう一度坂ノ市に行ってみようと
思っております。^^
くろ@北九州URL 2007/03/06(Tue)11:02:37 編集
無題
おめでとうございます!
やりましたね!
感動したでしょ???
僕なんて震えが止まりませんでしたから。。。
キングなべ 2007/03/06(Tue)12:25:20 編集
キングなべさん^^
こんにちは^^
めっちゃ感激しましたよ^^
僕なんか未だに興奮冷めやらぬという感じです^^
あの感動をもう一度っていう感じですね^^
くろ@北九州URL 2007/03/06(Tue)17:15:36 編集
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カンダイ釣り見学(番外編)
見学の後カンダイ釣りを開始 一緒に見学に来ていたクロ@北九州さんが 初カンダイGETしました9.5キロです。 そして僕はと言うと・・・ ○ぼーでございます。(爆) 実はこのあと速攻で帰路につく事に・・・ なぜならば・・仕事だったから(笑) まるで「釣りバカ」の浜....
URL 2007/03/06(Tue)08:26:52
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
プラグイン
最新コメント
[05/16 backlink service]
[05/13 くろ@ 北九州]
[05/09 ダンジリ]
[05/08 くろ@北九州]
[05/05 りょう]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろ@北九州
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/01/16
職業:
自由業
趣味:
釣り、キャンプ、アウトドア全般
自己紹介:
21歳の時に某釣り餌メーカーの方の釣りを見てこれが釣りと言うもんなのかと衝撃を受け釣りにどっぷりはまり込んでしまった者です。今では磯や渓流に綺麗なお魚さんに会うためにマイペースででかけております。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
カウンター
フリーエリア

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]